MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

当社が売主(請負)予定。フリープラン自由設計のお家のこと【府中市の不動産屋さん】

家を検討する夫婦
目次

まずは業務に係る法律を知ることから

当社自身が新築戸建の売主(請負者)になりたい。そう思うようになって、何をどうしたらよいか考え検討していると、あら不思議。向うからそういった話しが飛び込んでくるものなんですね。

新築戸建の売主になるということは品確法を遵守する必要があります。
品確法とは、住宅性能表示制度や新築住宅の10年保証などについて定めた法律で、正式には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」といいまして、その中でも最も大切なのがこれでしょう。

新築住宅における瑕疵担保期間10年の義務化
「住宅の柱や壁など構造耐力上主要な部分」、「屋根など雨漏りを防ぐ部分」に、瑕疵(工事不備、欠陥など)が見つかった場合について、「引き渡し後10年以内に見つかった場合は、売主(または施工会社など)が無償補修などをしなくてはならない」

つまり、売主には責任が付いて回るということなので、私にはある意味ピッタリです(笑)
細かい話になるのですが、売主と請負者では義務が違ってきます。

建築は大手ハウスメーカーと提携します

当社が売主(請負者)になるわけですが、建築そのものは大手のハウスメーカーにお願いします。言葉を変えると大工さんを雇うのと一緒です。
私が売主(請負者)になりたい理由は、当社ですべてのことをサポートすることができるので、よりお客様にいろんなサービスが提案できるし、長く責任をもってサポートができることに喜びを感じられると思うからです。
つまり「やりがい」「生きがい」です。

価格面は比較的リーズナブルに設定する予定です。
間取りはフリープラン自由設計ができて、唯一無二の自分のお城が設計できるわけで、かなり良いものになりそうです。
もちろんオプションを付けたいというご要望にもお応えできそうです。

つい先日、土地を購入していただいたお客様にも、自由設計の土地を御紹介させてもらったわけですが、そこは当社が売主(請負者)というわけではないのですが、自由設計がとても良かったらしく、とても喜んでいただけました。

メーカーや担当者のサポートによっていろいろとあるわけですが、やはり、お客様とサポートする担当者のアイデアの出しあいで、完成する物件もまったく違ったものになるので、同じものは建たないのだろうなと思います。

金融機関に住宅ローンの確認!

金融機関にも相談しました。
「じつは当社で新築戸建の分譲(売主または請負者)を始めようと思うのですが、住宅ローンは利用できないとか制約が生じることはありますか?」と恐る恐る(笑)、金融機関の担当者に確認をしたところ
「わいわいアットホームさんが売主(請負者)だったら安心して住宅ローン出しますよ。大丈夫です。問題ありません!」とお墨付きをいただきました(笑)

あ~よかった、、、(笑)

じつはお客様に大きなメリットがあります

説明をする営業マン

新築フリープラン住宅を自社で始めようと思った最大の理由は、お客様メリットが大きいと感じたからです。
購入される方にはもちろんのことですが、じつのところ自宅を売却する売主様にも、とても大きなメリットになります。
なかなか目の付け所が良いでしょ(笑)

夢をしっかりとサポートする

先日お越しに来られたご相談者様は、マンションが良いと言って探し始めましたが、戸建てを購入されました。
別のお客様では、戸建に住んでいるのでマンションが良い!ということでマンションを購入されました。

人それぞれ何に幸せを感じるかという違いはあるものの、住居には「戸建」と「マンション(共同住宅)」の2種類しかありません。

戸建もマンションも双方にメリットとデメリットが存在していて、住まい方によってデメリットがメリットになる場合もあればその反対もあります。皆様にはそういったことを楽しく悩んでもらいつつ、当社は慌てさせることなくお客様のペースに合わせてサポートができれば、お客様も当社も楽しいし、うれしいことになると思います。

これからもしっかりと自分が楽しみながら夢をサポートしていきたいと思います。
毎日がワクワク。わいわいアットホームです(笑)

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次