MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

押し付けの親切はいりませんから。【府中市の不動産屋さん】

最近、またまた電話営業が多いです。
私は仕事中なので、必要のない営業電話なら話しもしたくないというのが実状です。

その多くは、
「うちのサイトでお客様情報を御社に提供します!」
「御社のホームページの集客がもっと増えるようにします!」
「不動産売却査定の依頼を取るためにうちのサイトに登録しませんか!」
だいたいこの3つです。

私は、この3つに興味がないので、何度も聞いているうちに嫌気がさしてしまいます。

1年ちょっとくらい前に、電話営業がありまして「すごい集客できる裏技があるから」って言うんで、話しを聞いたら断れなくなっちゃって、契約したら、その後、2ヶ月くらいしたら全く連絡なし。最初は、毎週連絡するとか言っていたのですが、ホントいいかげんな業者です。
1年契約だったので、1年間の成果はどうかと言うと、恐ろしい事に1つの成果もなく期間満了したときも何の連絡もなく、わざと半年経過してから、こちらから連絡したら、対応がおかしいのです、、、。
契約取るまでは一生懸命やるけどその後は知らんぷりだから困ったものです。
私的には到底考えられない対応です。

営業マンは契約取ってなんぼの世界で生きているので、営業活動をして断られた相手のことはボロクソに言う人がけっこういますから、営業マンが頑張っているとか、かわいそうなのでというような理由で契約してあげる、といった良心は要りません。メリットがなければ明確に断りましょう。

先ほどの営業マンは「御社の為にがんばります!!」なんて言ったけれど、自分たちの売り上げのためだけに契約をしているのです。だからこそ、契約が取れた後は連絡がないのです。

そして、知識があるようで知識を持ち合わせていない人たちばかりです。
昨日の電話営業の人は、要点を話さず「会って資料を持って提案したい」と言い、あんまり適当なこと言うので「SEOやってなくても検索上位表示はされますよね。」と質問すると「え?何でですか?御社は何をしているんですか。教えて下さい。」と聞き返されました。

長い話を聞かされ、いいかげんに憤りを感じたので「そんなことも知らないのに営業してるんですか?」と言ってしまいました。
そして、10秒後にやさしく電話を切らせていただきました(笑)

すべての営業に共通して言えるのですが、自分の仕事のことすらちゃんと知らない人たちが、さも知っているような口ぶりで営業活動をしています。
そして、皆さんの身近なところにも、そういう営業マンがたくさんいるので注意してください。

どうしようかな?と思っている時に「今契約してくれるならお得にします!」と言われたら間違いなく即断してください。
そして一言、その営業マンのために優しい言葉を放ってあげてください。
「お店は他にもたくさんありますから、つまらない駆引きをされるなら結構です。」と(笑)

そしたら、もう二度と来ませんから楽ですよ(笑)

あまりに引き際を知らない営業マンが多すぎます。
自分が努力すればいい方々に巡り合うことは無限にできるのだから、押し付けの、良かれと思い込んでいる親切なんて断った方が良いと思います。しかしながら、そういった営業マンの中にもとても真面目な営業マンもいるのですが、とにかく目立たないんですよね。

私のお仕事も一緒です。
不動産売買は高額だから、押し付けの思い込み親切(営業マンの思い違い)なんていらないですよね。

本当に、お客様にとって利益と不利益になることを、明確に教えてくれる誠実で正直な営業マンが良いですよね。

だから当社はそういう押しつけがましい営業活動はしていません。
人として、心が重要だと思うからです。
だからこそ不動産取引終わった後でも楽しい気持ちで接することができます。
当社に来て下さるお客様はみんなご存知ですよ(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次