MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

今年1年、年末のご挨拶です【府中市の不動産屋さん】

本日は、不動産売却査定のご依頼をいただいていたお客様がご来店されまして、査定報告をさせていただきました。

不動産売却にはいくつかの売却方法があるので、そんなことをざっくばらんにご説明をさせていただきました。
お客様には不動産売却査定の結果をもとに検討していただければと思っていましたので、ご説明後はお帰りいただいて、後日(年明け)にご連絡いただけれうれしいなと思っております。

結論はすぐに出す必要はありませんし焦ることはないので、じっくり考えてもらってお客様にとって最良だと思えることをご意見として聞かせていただければと思っています。

不動産売却は高額ですから、信頼できる人に売却活動を依頼することが一番なので、当社を信頼していただけたら不動産売却活動を依頼して頂けたらうれしいです。

さて、売却査定報告が終了し、1年前に土地の引き渡しが終わったお客様へお届けものを届けに伺いました。
素敵なお家が建築されてそれはお見事でした(笑)
お客様にご挨拶をすると、室内を見せてくれましたら、とても綺麗で素敵で素晴しかったのです。
お客様から「本当にいい不動産(土地と建物)を買えたので良かった。」と言われてとてもうれしかったです。

「最初は高いと思ったけど、住んでみると不動産は高い安いじゃないんですね。一生モノのこの環境を手に入れられたことが本当に良かった。」と言われました。
こういう言葉を聞くと、本当にうれしくてね。
つくづく、みなさんの笑顔は私の財産だなと心に染み入りました。

不動産業は、たくさんの人たちの人生の基盤となる部分を提供していくお仕事です。
この根幹がしっかりしていないと、人生はなかなか思い通りにいかないような気がするのです。
衣食住というのがあって、住はとても大切な役割を果たしています。
所有と賃貸の区別なく、その両方が重要だと思っています。

当社は府中市の不動産売買仲介を専門でやっていますが、すべての取引のうち府中市以外の取り扱いは3割くらいあると思います。賃貸の仲介も4件くらいやりました!(賃貸仲介はサラリーマン時代に2年ちょっとやってましたw)

賃貸は購入とは違って比較的気軽さがありますが、生活する重さは変わりはありません。
みなさんが安心して快適に生活するための住居であり基盤です。
その基盤になるところのお手伝いができるというのは、本当に楽しいしうれしいことです。

不動産屋さんはブラックなイメージがあると思いますが、多くの会社はブラックではないと思います。(そう思いたいです。)会社というよりは、働いている人の心がブラックなのです。

売上ノルマがあれば、どうしてもノルマをクリアしなければ不動産営業マン自身の生活に影響をきたすのです。
ブラックな営業マンに出会ってしまい、不満やトラブルが発生したときに、ブラックな会社だったことになるのだと思います。
多くの会社では、ブラックにならないように考えているとは思いますが、営業マンはすでに良い大人ですから心までは教育ができません。誠実にする。約束を守る。本来当たり前のことですがこういった当たり前のことが一番難しいのです。

不動産業に限らずすべての仕事に言えることです。
だからこそ、仕事をする上での想いはとても大切なんじゃないのかなと思います。

今年1年は、弊社にとって良い年になりました。
たくさんの方に喜んでいただくことが出来たからです。
来年は、今年よりも、もっとたくさんの方に喜んでいただけるようにしたいと思っております。
その為に、しっかりと様々な事を努力していきたいと思っております。

本来は知識さえあれば問題ないのでしょうが、第三者が眼に見えてわかるように資格を取っていかないといけないのかもしれません。ということで、ない頭をフル回転させて、今年はそっち方面も頑張ろうかなと自信なく思っております(笑)

本年も1年間ありがとうございました。
そして、これから未来のお取引のお手伝いをさせていただく方々にも、当社を通じて幸せの一歩が踏み出せるようにしっかりと対応をさせていただきたいと思います。

来年は1月8日から営業開始です。
来年もよろしくお願いいたします。
この1年間、本当にありがとうございました。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次