MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

大手不動産仲介会社(担当者)の無責任な対応にやられちまった、、、【府中市の不動産屋さん】

先日は、朝10時からお客様と中古マンションの見学でした。
当社のお客様も私も見学する日を楽しみにしていました。
ところが、かるい問題が発生しました、、、、。といっても、ヘタすりゃ決して軽くない問題です。

驚く営業マン

数日前に物元業者に鍵の手配をした際「まだリフォーム中なので販売図面未作成なので情報提供ができない」とのことでした。(ところが、物元業者(大手不動産仲介会社)は自社ホームページには間取り図面も掲載しているので、ウソを言っているのです。)

こちらとしては、物元業者のホームページには売出中ということを情報公開をしているんだから物件の見学をさせてほしいのです。売主様だってそれを拒否するわけがありません。
しかも、当社のお客様は物件購入後に自分でリフォームをしてもかまわないという方だったので、物件はリフォーム前のタイミングだし、喜んでいただけると思いました。

早速、私がこの大手のホームページからコピペして、簡単に概要書を作成して情報提供すると「物件を見てみたい。」と言われたので、物元担当者(大手不動産仲介会社)に見学をしたい旨、連絡をさせていただきました。

すると、しぶしぶでしたが、見学日当日までに現地にキーボックスを設置してキーボックスの番号を伝えますよ。と言ってくれました。
ところが、前日になっても連絡がない、、、。
私も前日はバタバタしていたので、当日朝には連絡あるんだろうなぁと考えていると当日も連絡がきません。
あれ?こりゃ、ちょっと連絡遅すぎだよなって思ったので、連絡をしてみると、物元業者さんが休み、、、(==;)。
それで、自動転送になって休日センターというところに連絡がつながり、各店舗の状況はわからないとのこと。

鼻水が垂れています(笑)

一応、事情が事情なので、休日センターの方から社員に連絡をしてみると言われたのですが、「休日のため連絡が取れないかもしれません。」と言われてしまったので、そりゃぁないよなぁ、、、と思いました。

見学の約束時間まで、あと20分くらいしかないので、どうするかぁと考えていると良いアイデアが浮かびました。
幸い部屋番号は事前に聞いていたので、所有者(売主様)を自分で調べて直接売主様へ連絡し、キーボックスの番号を教えていただくことに成功しました(笑)
取りあえずこれで鍵手配が出来たので安心しました。
私の心 “約束したんだから、ちゃんと約束守ってくださいよ~、、、。なんか、前にも裏切られた感あったよなぁ~、、、。” と思っていたら、へまをした大手不動産仲介会社のセンター長(所長)から連絡がありました。
「まつださ~ん。私に言ってくれれば良いのにぃ~。ホントに申し訳ない。」

「大丈夫ですよ、謄本をとって売主に直接確認しましたからぁ。あ、不動産売買契約は、御社を通してしますから大丈夫です。(気に入ってくれればですが、、、。)」

センター長(所長)は、腰の低い方で、良い人なのです、、、。
担当者はやっぱりダメだけど。

電話する不動産営業マン

その後、お客様を約束通りに現地のご案内!で、感触としてはとても良いという事でしたが、住宅ローン控除が受けられますか?と聞かれたので、この物件は受けられないことをご説明したところ、住宅ローン控除が受けられる物件が良いという事で、この物件は見送りになりました。

もう少し予算を上げてもいいという事になり、近所で希望にあいそうな物件をご紹介してまいりたいと思います。
早々、今週末のご案内です。

PS. それから数日たちましたが、肝心の担当者からは一切の謝罪連絡もなし。
ちょっと、どうかしているよね(--;)
「やっぱり大手の対応だなぁ」と悪い意味で言われても仕方がないと思うのです。
センター長という立場までなれば、対応はしっかりしていますが、現場担当者はほんとダメだなとまた痛感してしまいました。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次