MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

不動産会社のブランドについて【府中市の不動産屋さん】

この前、お客様から久々に言われたのが、会社のブランド力のことです。
当社は、地域密着の家族経営のお店ですから正直なところ、ブランド力などありません、、、(笑)

仲の良いご夫婦

大手不動産仲介会社では、三井、住友、東急、京王、大京、野村、三菱、みずほ、その他、様々なブランドがあります。
多くの人は、会社ブランドがあれば安心だろうと思って問合せをするわけですが、こと私がいる不動産仲介業界においては、大手と地域密着業者の違いはあるのでしょうか?
みなさんが大手に期待する事ってなんなのでしょうか?

人生経験豊富なおじさん

ブランド力?
営業力?
なにがある?

「ブランド 力」は本音を言うと、まったく優位性はありません(笑)

大手の営業力なんて正直に言ってしまうと当社と変わらないし、広告や営業トークで言っているほどお客様を持っているわけでもありません。
彼らは正直に言わないだけで、本当は自転車操業なのです。

大手などは顧客リストは持っていますが、すでに他社で成約済みのお客様名簿も含まれており、連絡が取れなければそのまま有効なリストとして残していますから見た目は凄い数なのです。もし、こういったカウントが有効なのであれば、当社にも数百人のお客様が登録されています(笑)

私が大手にいたときは、だいたい15名くらいのリストが常時自分のところにあって、そのお客様の対応をしていましたが、そのうちの半分以上は全然連絡が取れないし、連絡が取れても全然やる気のない感じなので、私もノルマ達成のために取捨選択はせざるを得ませんでした(笑)

なぜなら、歩合給が大きく変動し、歩合給が取れなければ、年間所得もひどいありさまだったからです。
きっと、人が聞いたらビックリするくらい少ない給与額です。
朝早く出勤して、終電近くで帰っていても、雀の涙程度です。
とは言え、自分の信念でお客様に嘘や調子の良い事を言いたくなかったので、売却委任(媒介契約)なんて取れた試しがありませんでした(笑)

今でも、ポスティングチラシをやっている不動産仲介業者がありますが、電話営業で、お客様の不動産の条件に合うお客様が当社にいるので媒介契約(売却委任)してください!と、うそを言う大手の会社があります。とても大きい会社で有名です。

契約書に押印

媒介契約を締結した後、
見学者を連れてくることが一度もない大手不動産仲介営業マンがいたり、
物件を見て、ものの数分で帰ってしまうような見学者を連れてきたり、
そもそも興味がないお客様なのに、案内をしないと仲介業者としての体裁が良くないから、体よくお客様を連れてくるといいます。

売主様にとっては面倒でしかない対応をさせられたりするのですが、案の定100%見送りです。

不動産仲介営業マンが、売却委任を取るために良いお家ですねとベタ褒めしたところで、売却物件を評価するのは買主様なのですから、営業マンがウソで良い評価をしたところで何の意味もないのです。

不動産仲介営業マンは自社の優位性を売主様に説明します。
・ブランド力
・営業力
・物件を実際の評価以上におだてる(笑)
売主様に良い事ばかり言って、媒介契約を取るという話しを、ある人に聞きました。
販売活動を始め、ある程度日数が経過すると「●●●万円ほど価格下げましょう。」と言われるようになります。
この値下げ幅が、下手すると1年弱の給与くらいの事ふつーに言うんだそうです。

ブランド力で高く売るんじゃなかったのかな?
こうなると、会社のブランド力なんて全く関係ないのです。
ってのが私の本音なんだけど、ブランド力さえあれば、営業力があろうとなかろうと、売主様は高く売ってくれと思って、お問合せが入りやすいのです。

不動産売買仲介の取引は、”販売業”ではなく”仲介業”ですから、ブランド力は一切関係ないという事を知っておいて損はありません。

関係あるとすれば、売主様がお住まいのお家のブランドそのものが重要であるのですが、残念ながら、今の不動産仲介業界では、中古戸建の評価はホントに低いのが実状であり、中古戸建を購入する時にはその恩恵をあずかって新築よりもお得なお買物ができるわけです。

それは車と同じかもしれませんね。中古戸建で予想以上に高く売れるのは、立地(駅近)もしくは築浅に限られます。

目次

大手不動産仲介会社の高額査定の実例はこれです

そういえば、以前、茅ヶ崎市で土地の売却相談を受けたので、私が売却査定をしたら2400万円くらいになりました。すると、所有者のお兄さんに「バカにしてんのか!」と怒られたことがあります(笑)

なぜなら、、、、

他の大手不動産仲介会社の担当者は、3200万円の売却査定をしたんだそうです。
でも、成約したの2350万円(笑)(あまりに高く売り出してしまい、時間切れになって安く売らざるを得なかったようです(笑))
高額査定されたって意味がないのです。

私だったら、売却日数に制限があったことを考慮して、
2500万円で売り出して、

2500~2450万円で成約するように、売主様のために考えます。
信用できないというのは本当に損ですね(笑)


最近も多いですよね、こんなネット広告↓

 “えぇっ!こんなに高い査定額が出るの?!”

こんな誤解を招く広告が許されていいのか?って思ったりします。
これは明らかに誇大広告だと思います。

仮に不動産仲介会社に大手のようなブランドがあったにせよ、高額査定は何の意味もありませんし、高く売れることにはなりません。

皆さんは、何に期待してブランド力を求めているのですか?
ちゃんとした答えは当社にあります。ぜひご相談ください!

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次