賃貸仲介で嘘か?審査通らず。

ま、不動産賃貸仲介なら特にそうだけど、こんなことは驚く話しではありません。

ーーーーー

お部屋探しは、皆さんからすれば一大事です。

にもかかわらず、適当な対応をする不動産会社。

 

不動産会社に勤める会社員は、ほんと酷いなぁと再確認する出来事となりました。

 

 

物件見学、審査開始

先日、賃貸物件を探しているとご来店がありました。

ここのところで複数のお客様がご来店され契約に至る方向なのですが、

おかしいこともありました。

 

飛込来店のAさん。

物件を案内したのですが、どうやら物件に一長一短があり、気に入っていただけなかったようです。

で、Aさんは、当社が府中市以外はあまりやっていないと判断したようで、

調布市の物件については、他社さん(自分の会社の福利厚生の不動産会社)に窓口になってもらい、物件のお申し込みをしたそうです。

 

 

審査落ち

賃貸仲介の場合、一人のお客様が、複数の不動産屋さんに行くということは往々にしてあるので、お客様のその行為については、ぜんぜん気にしていないわけですが、なんとAさん、保証会社の審査で落ちてしまったそうです。

(==;)。

 

で、その後すぐに私宛にメールをくれました。

 

Aさん「虫のいい話で、自分勝手ですみません、、、、」から始まり、電話では、事の顛末を話してくれました。

で、私は経験値として、賃貸仲介と売買仲介をやってきたので、Aさんの対応している不動産会社の行動はおかしいなぁと思ったのです。

 

その業者さんの手続きがどうもおかしい。

 

賃貸申込書類も書いていないのに「審査落ちしたから契約できません。」と電話で言われるなんてありえない。

しかもその理由がまたすごい。

私からすると、本当にあり得ない。

お客様をバカにしているとしか思えない理由が、審査落ちの理由なのです、、、(==;)

 

私の経験上は、まったく持ってあり得ないのです。

 

 

その物件が気に入ったんだ

Aさんは言いました。

「その物件を借りたいので、松田さんのところで審査したら承認取れるんでしょうか。」

 

私は即答するわけですが、

最初に対応された不動産業者さんの手続きが不審な点が多いので、

私のほうで、もう一度審査してみましょうと説明し、夜遅くにご足労をいただき、

手続きを進めてみました。

 

 

審査承認取れました。

結果。

承認が取れました。

 

私が思うに、

・物件情報(物元業者)と、

・Aさんと、

・Aさんを対応した不動産会社、

の関係から見えるものは、、、、

Aさんの対応をした不動産会社は、売上少ない客はめんどくせぇ。他の客で手が回らないから、Aを体よく断ってしまえばいい。・・・という感じなんだろうなと想像ができました。

 

Aさんからすれば、住居が決まらなければ、本当に困ってしまうわけ。

今住んでいるところの賃貸住居も退去日に間に合わなければ、違約金が発生するし、大問題となります。

 

でも、不動産会社からすれば、忙しい時には、

30万円の手数料がもらえるお客様と、

15万円の手数料がもらえるお客様と、

5万円の手数料がもらえるお客様 を比較したとき、

業務効率を上げるためには、

5万円の手数料のお客様なんか嘘言ってでも断ってしまえばいいわけ。

 

保証会社は、審査結果がダメだった理由については、

個人情報とかいろいろあって開示してくれないのです。

Aさん自身も、いちいち保証会社に審査落ちした理由なんて聞かないでしょ。

聞いたとしてもそれなりの開示手続きを踏まないと教えてもらえないので、

ホントに面倒だから聞くことがないわけ。

 

だから、不動産会社としては、適当なこと言って断ってしまえばいいだけ。

ご都合主義ってわけね。

お客様のことなど、ほんとに考えてくれないんだなぁとつくづく思ってしまいました。

 

「審査落ちした」などと嘘を言わないで、

うちでは対応できないので他の不動産会社を紹介します。

といった対応をしてくれればいいだけなのにね。

ホント、対応が悪いと思うよね。

 

 

お客様利益よりも「業者利益が優先」という事実

結局は、お客様利益とお客様損失は考えることなく、ドライに簡単に断ってしまうというね。

業者利益が最優先する姿勢って、どうかしているでしょ。

 

ほんとおかしなものだし、お客様はその事実を知ることもできないというね。

 

これだから、不動産業界はダメ業界と言われるのです。

 

 

まともな人もいます。

でね。

 

私の知っている業者さんの多くは真摯だし、なぜこういった業者がはびこっているのか意味が分かりません。

だいたいは、大会社のサラリーマン社員系に多いよね。

 

会社の看板で次から次へとお客様が来店してくれるところは、

お客様の大切さというのがわからないのかもしれない。

 

「俺たちが、お前の賃貸を決めてやってんだ」くらいに思っているのかもしれないよね。

 

私が賃貸仲介をやっていたときは、

お客様が複数の不動産屋さんに足を運んで、

時間と労力をかけるのは大変なことだから、

私が良い物件をご紹介して、

すぐ案内して、

喜んでいただいて、

すぐに新居が決まるように。と思ったものです。

 

そう。

お客様利益を考えてね。

 

そして、自分自身も楽しく仕事ができるように、と思ったものです。

 

我々、不動産業界に従事する人間は、お客様に喜んでいただいて、よりよい街にするために、毎日楽しく努力するべきだと思います。

その根底には、お客様の利益を考える「本音の気持ちがあるかどうか」はとても大切であると考えます。

 

 

スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
土地情報をいち早く欲しい方向け
土地情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
府中市・近隣市区のマンションの資産価値
マンション売出事例がわかる