MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

契約日前日に購入予定物件の問題発覚。キャンセルさせてもらいました!物元業者が悪い!【府中市の不動産屋さん】

当社が買主側の仲介
大手不動産仲介会社が売主側の仲介

つい先日、不動産購入申込みをさせていただいた物件の契約日前日でしたが、キャンセルをさせていただきました。

青ざめる営業マン

ほんと、申し訳ありません、、、。
今回は、売主側に大手不動産仲介業者がいました。
通常は、物件の一件資料を契約締結の前に余裕をもってもらうものですが、それらの資料が前日になってもまったく届かないのです。契約予定の物件が当社から遠いこともありましたし、物元業者が大手仲介会社という事もあったので、書類をもらってから物件調査しても契約には間に合うだろうと思っていたのですが、それらの書類を私が確認できたのが、契約予定日の前日の夕方、、、。
で、その内容を見ると、販売図面にも記載がなく、物件を見学していた時にも、まったく説明を受けていないリスクが網羅されておりました。(物元業者からは口頭での説明は一切ありません。)

青ざめる営業マン

私が見るに、そのリスクの内容はさすがに容認できるものでは無かったのです、、、。
私は買主側の仲介業者ですから、買主様には安全で安心の不動産を購入していただきたいわけですが、この物件にはいろんなリスクがあって、購入したら最後、将来売却する時には二束三文であっても売れない物件になるかもと容易に想像ができました。

今後、金融機関のコンプライアンスはもっと厳しくなると予想されるので、今まで以上に融資審査、融資条件は厳しくなると考えるのが普通だと思います。
命(安全性)もさることながら、金融機関の評価もヘタしたらヘタをしそうな予感すらありました、、、。
金融機関の評価などは、お家で生活をしている分には全く関係ない話しですが、いつか売却する時が必ず来るわけですし、万が一その不動産に問題が生じたら、売るに売れず悔やんでも悔やみきれません。
というわけで、当社のお客様に物件の事情を客観的に説明しましたら、その怖さを理解されたようで契約は見送ると判断されました。(本音で、私もホッとしました。)

鼻水が垂れています(笑)

そして、明日に控えた契約締結でしたが、すかさず売主側の仲介業者へ契約をキャンセルしたい旨を電話で伝えました。

物元担当(以下Aさん)「え!契約明日ですよ!勘弁してくださいよ!」

まぁ、こういう反応は当たり前なんですけど、一件資料をいただいたのが2~3時間前です、、、。
私としては一件資料をもらってからキャンセルの判断をするまでにかかる時間は、とても短かったと思います。
で、そのリスクっていうのが物件自体にいろいろあり、重要事項説明をサラッと聞いたって、知識のない人にはわからないレベルです。だから、大手の営業さんは手数料欲しさに、サラッと説明して不動産売買契約を成立させようとしているんだなと私には見えたのです。
実際、このやり方の本質はかなり悪質だと思います。
キャンセルを申し出たときの電話は数分で終わったのですが、その数時間後・・・。

時は23時45分。帰宅している私の携帯電話が鳴りました、、、。

すると、さっきのAさんからでした。
売主さんがものすごく怒っているから、明日予定通り来店して売主にキャンセル理由を直接説明してほしいというのです。

当方は説明するのは構わないけど、Aさんに明確にキャンセル理由を説明しているのに、なんでそんな遠方までわざわざ行かなきゃいけないのだろう?

Aさんはかなり怒っていて「とにかく来てくれませんか?」と執拗に追及してきます。
Aさんの上長も理由を聞きたがっているというので「Aさんに話したことをまた話しをするんですか?」と質問すると、とにかく来て説明してほしいと言うのです。

「どうしても来てと言われるなら、百歩譲ってお客様とそちらに伺って重要事項説明書を聞いても良いですけど、重要事項説明を不動産売買契約締結前に聞く理由は契約の可否を決めるためなんですから、どっちにしたって、その説明を聞いたら契約できませんけどそれでもいいんですか?お互い無駄だと思いますし、売主様はもっと怒るんじゃないですか?」とお話しをすると、

Aさん「・・・・・・・。」

で、丁寧にやり取りをくりかえして、何とかAさんは納得せざるを得ない状況になりました、、、。
Aさんは、購入検討者の前に売主がいる状態で契約書類の読み合わせまで進んでしまえば、契約を断りづらくなるし、Aさんが「それは常識的にまずいですよ。」等と言えば押し切れるとでも思ったのでしょう。不動産仲介業界では常套手段になっていて土壇場でひっくり返すことができないようにするのもAさんの仕事なのです。
(お客様目線など、皆無です。)

Aさんの気持ちはわかるけど、そこまで怒らなくてもね、、、。
でもね、Aさんが起こっている理由が変だと感じたのです。
契約をキャンセルされた事に怒っているのは、売主様のためというより、Aさんの売上ノルマのためというように聞こえたのです。

私は、お客様が喜んでくれた結果自分の利益が後からついてくるだけと考えているから、契約できようとできなかろうと、お客様利益がすべてだと思っています。
自分の信念として、お客様に絶対に後悔をさせたくないのです。

こういった私の考え方がバカじゃないの?って言う人もきっといるかと思いますが、他人からの批判などどうでもいいのです。自分の信念はだれに何を言われようと曲げるつもりはありません。

そもそも不動産仲介業界に入ったのは、もともと私が勤めていた会社が不動産を無計画に買いすぎて倒産に追い込まれ、失業し、人生をゼロスタートする羽目になったからです。
今でこそ良い経験を積んだと笑えますけど、当時の私の状況を知れば、異常な状況だったことは明白です。
不動産売買は金額が大きいので、下手すると人生の根底からひっくり返ってしまいます。
だから、私が不動産の知識を身に着け、皆さんが失敗しないようにサポートする側になれば社会に役立つ人間になれると思ったのです。

例えば、今回の物件のようにリスクの高い取引であることを十分に納得して契約をするというなら、契約をやめるような提案はしませんが、こういうリスクの高い物件は契約をしてほしくないのは当然だと思います。なぜなら私を信頼してくれる人を裏切れないからです。

お客様とは、ずっとお付き合いができるような仕事がしたいので物件リスクについては丁寧にお話ししました。
その結果、今回の契約を見送る判断をして頂けて、ホントに良かったと内心では思っているのです。

売主様には気の毒な事をしましたが、これは仕方がないのです。
なぜなら、売主様が依頼した大手不動産仲介会社の対応が遅い(悪い)からこそ、土壇場でこういった事態になったのです。

それにしても、売主様は大変な物件を買ってしまったなとホント気の毒に思いましたが、売主様も売主側の仲介業者Aさんもどうも変だったのです。
物件本体はキッチンや風呂は一度も使ったことがないそうで、ただ寝泊まりをしていただけだったそうで、物件は新築と変わらないくらいきれいなのです。だからこそ当社のお客様の反応はとても良かったわけですが、こちらが質問したこと以外は、一切説明をしてくれないのです。

コチラが、契約行為の前日(数時間前)に重要事項説明書に目を通してから質問すると「見学したときにそんな質問ありませんでしたよね?」とAさんは開き直るんだから悪質です。

そういう発言を平気でする人なので余計に信用できなくなります。

金融機関の方が、後日教えてくれました。
今回のような物件は担保評価がすごく低くなるので、物件の状況からすると融資不可、若しくは大幅な減額融資になっていた可能性ありますね、、、、、、だって。

売主様は大丈夫なのだろうか、、、。
他人事ではありますが心配になります、、、。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次