ブログカテゴリ:府中市不動産 政策・トピックス



東京都府中市の不動産売買ならわいわいアットホーム|府中市の取扱物件数トップクラス!|京王線「府中」駅徒歩3分|最近、経済の話しがおもしろすぎ。皆さんも知っておくといい話しかも。

東京都府中市の不動産売買ならわいわいアットホーム|府中市の取扱物件数トップクラス!|京王線「府中」駅徒歩3分|内閣府:消費動向調査(アンケートできます)

東京都府中市の不動産売買ならわいわいアットホーム|府中市の取扱物件数トップクラス!|京王線「府中」駅徒歩3分|東京都が民間によるマンション建替を促すという記事があって、これは良いね。というお話し。

最近社会問題になっている「空地・空家問題」に一役買うための措置が設けられました。 平成30年度の税制改正された相続による土地の所有権の移転登記についての「相続登記の免税措置」です。

府中市の2022年(平成34年)の生産緑地問題が解決されましたね(笑)。 ほんと良かった。

不動産を購入する場合、「老後に困る不動産は購入したくない」と考えて購入する方は、 沢山いると思いますが、「立地適正化計画」というのをご存知の方はまだ少ないでしょう。

先日、宅地建物取引士の更新講習を受けてまいりました。 「宅地建物取引士(旧称:宅地建物取引主任者)」は、国家資格の一つです。 不動産取引をする時には、「重要事項説明書」を買主又は借主に説明をすることを 義務付けられているので、不動産会社は宅地建物取引士をして、 お客様へ「重要事項説明書」を説明させる義務が課せられています。

【最初にお断りしておきますが、ある特定の党を否定しているわけではありません。】 【小池さん贔屓もしていません。】 誤解がないよう、お願いいたします(笑)